fbpx

Menu

Close

【インタビュー】ヴィンテージドレスショップDORIAN GRAY

【インタビュー】ヴィンテージドレスショップDORIAN GRAYのメイン画像

ちょうど去年の今頃、ecooは代々木公園・富ヶ谷エリアにアトリエをお引越ししました。

美味しいパンとコーヒー屋さんがたくさんある代々木公園。
都会ですが緑豊かで、あっという間にこの街にとりこになりました。^^

ecooは結婚写真以外に、ご家族の記念撮影も行っているので「ecooさんで撮影したあとに、こどもたちと公園に遊びに行けるので代々木公園に引っ越してくださったのが嬉しいです」など毎年撮影にお越し頂いている大好きなご家族にも喜んでいただけて、思い切って引っ越しを決めて本当によかったと思っています。

そして、本当にうれしかったのは新しくフォトウェディングのご案内をさせて頂くことになったヴィンテージドレスのお店《DORIAN GRAY(ドリアングレイ)》さんとの出会いです。

ドリアングレイは1985年にオープンした老舗です。

ご近所にヴィンテージドレスのお店があると知ってスタッフがご挨拶にいき、オーナーの大村さんと楽しくお話しさせて頂いているうちに、あれよあれよとコラボが決まりました。

本日は、そんな素敵な出会いからお付き合いがスタートしたDORIAN GRAYさんについてご紹介をいたします。^^

CONTENTS

DORIAN GRAYの大村さんについて

 

大村さんはおせっかいの大先輩。今回改めてお話しさせて頂いて、気づいたことです。ecooもおせっかいな写真屋さんとして、みなさんのフォトウェディングをお手伝いしてきましたが、大村さんを見ていると、まだまだやれることがあるぞ!と背中を押されます。

 

ドリアングレイに試着に行かれた方は「大村さんは本当に私に似合うものを提案してくれる!お気に入りのドレスが見つかりました」と皆さん大絶賛。

似合うものを提案してくれるのはもちろんですが、似合うようにスタイリングやお直しをしてくれる技術があります。

ドレスが気に入ったというのはもちろんですが、「大村さんには撮影当日もきてほしい!」とお声があがるほど大村さん自身の大ファンになる方もたくさん。。。

 

私も大村さんとお会いするとついついおしゃべりが止まらなくなるくらい、チャーミングで親しみやすいお人柄。

それでいて、センス抜群のスタイリングで花嫁さんたちの魅力を引き出すことが得意です。

 

大村さんは広島県ご出身。中学生の頃にananが創刊され、その頃からスタイリストという職業に就こうと決意し、東京のスタイリスト専門学校に。学生の頃にはKENZOのショーをお手伝いされたこともあるとのこと!
卒業後はアシスタントとして、ユーミンの衣装をお手伝いされたり、当時大人気だった沢田研二さん(本当に大スター!ジュリー!)の衣装を手掛けていた早川タケジさんのもとでお仕事をされていました。コンサート前には徹夜で衣装のビジューを縫い付けたり、忙しく楽しい日々を過ごしていたそう。

 

そして、ジュリーのCM撮影で行ったLAでヴィンテージショップに出会います。
それまでは、ヴィンテージショップといえばあまりキレイなものはないイメージだったのが
こんなに状態がよくてステキなものがあるんだ!と衝撃を受けたそう。(まさに運命の出会いのようで、ロマンを感じてしまいます。。)

そこでヴィンテージファッションに魅了された大村さんは、日本にもキレイで素敵なヴィンテージファッションを持ち込みたい!と、帰国後をヴィンテージショップのDORIAN GRAYオープン!

 

 

最初は普段着の販売を行っていたそうですが、スタイリストさんや花嫁さんからの需要で、だんだん婚礼衣装が増えて、いまのかたちになったそうです。

 

本当に誰もがうらやむ華やかなシーンで活躍された大村さんですが、どのエピソードトークも楽しそうにお話しされていて、お話をうかがった私もワクワクした気持ちになりました。^^

DORIAN GRAYのポリシー・コンセプトについて

”Second Handではあるけれども、あくまでVintageにこだわり、さらにGood Conditionにこだわり続けていきたいと思っています。”

___DORIAN GRAY HPより

 

シンプルだけどとても重要で、職人気質でもある大村さんらしいポリシーだなぁと、このポリシーをみて思いました。

実際、DORIAN GRAYのドレスたちはどれもコンディションの良いものばかりです。買い付けの際は、コンディションの良さや、完全によいものでなければ、自分でお直しができるか(なるべく忠実に!)という点も重視しているとのこと。

二人のハレの日にふさわしい衣装を届けてくれる、そんな安心感があります。

 

ヴィンテージドレスでフォトウエディング

 

そして「ヴィンテージドレスの魅力は、必ず似合うドレスが見つかること!」とおっしゃる大村さん。本当にその通りでDORIAN GRAYには1940~70年代を中心とした様々な年代や地域のドレスがたくさんあります。

 

お店を見渡すと「あら、こちらのドレスはお上品で凛として、あちらのドレスはレースたっぷり甘さたっぷり!」などなど、年代やブランドの垣根がないということは、ぐっと幅が広がるんだなぁと思いました。

 

ドレス迷子の花嫁さんたちが希望が持てるような、そんなラインナップ!まるで宝探しをしているようにわくわくできるお店です。^^

 

ちなみに買い付けの基準は、まずは大村さんが単純に惹かれるかどうかを大切にしているそう。大村さんがセレクトするものは、今現代の目線でみてもかわいいくって、そしてちょっぴり個性を出せるけどけして奇抜過ぎないバランス感があります。

センスのよい大村さんに愛されたドレスたちが、ご機嫌に並んでいます。

 

【いいもの、かわいいもの、そして似合うもの】

ドレス選びに重要な3拍子が揃うお店。それがDORIAN GRAYです。^^

スタイリングについて

「女性はみんな理想の花嫁像があるんだよね。」

好きな映画にでてくる花嫁さん、幼い頃に描いた花嫁さん、、、

たしかに、花嫁といえばこれ!というイメージは私も少なからずみんなあると思います。

 

それが大人になると、自分で言うにはちょっと恥ずかしいとか、似合うかわからないから、、とか言葉にするのをためらってしまう方が多いのではないでしょうか。

 

でも、ドレスが好き、花嫁さんみんなに幸せになってほしいと全力で表現してくださる大村さんの前では、素直にこんなドレスがいいです!と言い出せるような気がします。

 

ヴィンテージドレスでフォトウエディング

 

大村さんのスタイリングは、まずは二人が着たいイメージを聞くところから始まります。そこからサイズや肌に合う色を確認しつつお見立て、最後にきちんと引き算します。

ウエディング衣装ははじめて着るものなので、ついつい足し算しがちですが、そこはプロの目をおかりして、バランスよくコーディネート。

 

ちなみに「似合うかどうかは、お店に入ってきた瞬間にわかっちゃう!」みたいです。笑

こんな風に自信をもって言ってくださるので、私たちも安心してゆだねられます。^^

DORIAN GRAYのここが好きなんです

実はこの記事を書いているスタッフの村田もDORIAN GRAYのドレスを着たことがあります。

 

ecoo×DORIAN GRAYのコラボ撮影のために、ドキドキしながら着たはじめてのウエディングドレス。

花嫁さんを見るのも、ドレスも大好きだけど、自分が着るのはまた別問題。自意識過剰な性格とたくさんのコンプレックスで試着にいくまではちょっと憂鬱でした。(ごめんなさい。笑)

 

試着の時には急に客観的に見れなくなり、どれがどれやらなにがいいか頭が真っ白に。

そんな時、大村さんの背中を押してくれるような言葉をかけてくれたので、選んだものがぴったりでいいものだ!と頭の中がクリアになりました。
自分の中では気づかなかったけど、もともと持っていた答えを引き出してくれたような気分です。

 

そして、ただドレスを着るだけで気分が上がり、ドレスを着た私も最高じゃないか!と自信にもなった気がします。

ドレスの力は本当に偉大!そして信頼できる人からの褒め言葉は、素直に信じることができました。笑

ドレスのプロで、スタイリングもプロ、人に似合わせる技術がある大村さん。そして、眺めているだけでにやけてしまうくらいかわいいドレスたち。

 

 

気取っていない安心できる空間。

DORIAN GRAYでのドレス選びは、私のようにちょっとドキドキ不安を抱えている人にもおすすめです。

お客さまからのお声

実際にドリアングレイの衣装を着て頂いた方にも、お話をうかがってみました。^^

 

 

【旧古河邸で撮影させていただいたお二人】

 

ヴィンテージドレスで洋館フォトウエディング

 

 

1)衣装のラインナップはいかがでしたか?

ヴィンテージドレス、袖あり、スレンダー・Aラインを希望していたので、 限られた中から選ばなければならないんだろうなぁと思っていたのですが、 ドリアングレイさんのお部屋に入ると、沢山のドレスに囲まれていて圧倒されました 希望の形に沿ったドレス、かつサイズ感のちょうど良い物を沢山選んでいただき、 目移りしそうなドレスたちから7着も試着させていただいてとってもとっても素敵なドレスに出逢わせてもらえました。

2)衣装の決め手はなんですか?

決め手になったのは、着た時のしっくり感、大村さんとパートナーからの褒め言葉でした。 とっても素敵なレースで、特に首回りの刺繍とトレーンが気に入りました。 パートナーから、長袖のドレスも着て欲しいと言われ、どうしようかと迷っていたところ、 一緒に大村さんが選んでくださって、 写真撮影ではウェディングらしいふわふわとしたヴィンテージドレスも着ることができ大満足です。

 


3)試着自体は楽しんでいただけましたでしょうか。

試着中は色々なドレスを着せていただいたのですが、それを合わせて、大村さんのセンスが光る小物をあれもこれもと持ってきてくださり、そのどれもが素敵で沢山ときめきました。

写真撮影でつけたリーフモチーフのヘアアクセサリーも大村さんセレクトで、わたし自身とても気に入っています。

人柄がとても暖かく、楽しいお話で緊張を和らげて、迷っている時にはズバっと的確なアドバイスをくださる大村さんのおかげで、素敵なドレスと出会い、試着自体も二人のいい思い出になりました。

大村さんはドレス選びにどこか遠巻きな反応をしていたパートナーに対して、写真撮りますよ!!ほら!一緒に並んで!!や、旦那さんの一押しはこのドレスかな!など明るい声かけをして巻き込んでくれました^^

パートナーの小物選びも色々考えてくださり、沢山お話してくださって夫も退屈せず楽しい時間でした!

 

 

 

【ラファエルで撮影させていただいたおふたり】

 

ヴィンテージドレスで洋館フォトウエディング


1)衣装のラインナップはいかがでしたか?

ecooさんの衣装ラインナップを検索していた中で、どうしてもヴィンテージのドレスを着てみたくなり、とても楽しみにお店におうかがいしたのですが、どれもこれも素敵なドレスばかりで、カタログやお店にある衣装見ているだけでワクワクしました。

ドレスのスタイルも色んなタイプがあり、年代も様々。

オーナーの大村さんからそれぞれのドレスの年代や素材、日本人に似合うようにリメイクされたポイントなどを楽しく説明していただいて、試着するドレスを選ぶまでの時間も最高に楽しかったです。

2)衣装の決め手はなんですか?

私自身の中で何着か着てみたいドレスはあったのですが、中でも『これ!』と思ったドレスは、私の中のヴィンテージドレスといえば…というイメージにピッタリのドレスでした。

ボートネックやレース、素材、背中のボタンやライン、どれもが理想のヴィンテージドレスそのものだった上に、サイズもたまたまピッタリだったこともあり即決でした!

また試着の際にオーナーの大村さんからも『運命の一着ね!』と太鼓判を押していただいて、安心して決定することが出来ました。

3)試着自体は楽しんでいただけましたでしょうか。

試着の際も、靴の選び方、このドレスや私自身にに合うヘアスタイルやアクセサリー、ネイルに至るまで大村さんにアドバイスをいただいて、心配していたことは全部解消され、とっても安心して試着をすすめることができました。

大村さんにはまるで身内の衣装選びかのように親身に、しかもプロならではのコーディネートをしていただけたことが本当に嬉しく、衣装選びというイベントを心から楽しませていただきました。

中でも主人の衣装選びをとても大切に考えていただいたことが、本当に嬉しいポイントでした。

主人の燕尾服も、なかなか着ることのできない素敵な生地とデザインのものを選んでいただいたこと、そしてドレスとの共布の小物をご用意いただいたこと…素晴らしいセンスと真心のコーディネートに感激しました。

また撮影当日もサポートしていただき、とってもきれいに衣装を着ることができましたし、大村さんにも結婚式に参列していただいたようで、あたたかい気持ちで撮影することができました。

 

さいごに

語りすぎました。笑

この長すぎるコラムを最後までお付き合い頂いた方、本当にありがとうございます。

 

一生に一度の花嫁・花婿姿。せっかく着るならとびきりおしゃれで、なにより二人がいつも以上に魅力的に見えるものを着て欲しい。。

ecooではフォトウエディングをはじめた当初から、ずーっとずっとそう思ってきました。

自分たちでかわいいドレスをもってみようかという話も何度かでましたが、やっぱりドレスにはドレスのプロが必要だよねという答えに。

 

似合うを届けるには、スタイリングやお直しの技術が本当に大切です。

特に一点もののヴィンテージドレスには、他にはないデザイン性やバリエーションがあるため選ぶ大変さがあります。(嬉しい悩みですが。笑)

実際にドレスを選びにいった私も思いますが、本当にかわいいが溢れたあの空間では冷静ではいられません!

私の気持ちを汲み取ってくれて、センスがある人からのおすすめが欲しくなるんですよね。

だから、ecooではドレスは信頼できるドレス屋さんにお任せをしています。

 

いつも不思議に思うのですが、大村さんのスタイリングのもと、決まったドレスはどれも一から仕立てたかのように、全てがぴったり。

”私のためのドレス”と思える1着を、ぜひ皆様にも着てほしいな~と思いながら、今日も自信をもってご紹介させていただきます。^^

ecoo×ドリアングレイ(ヴィンテージ衣装)撮影プラン概要

ecooの撮影でヴィンテージ衣装ご希望の場合は

各洋装プラン+60,000円(税別)~にて承っております!

 

プラン詳細など気になる方は、ぜひ一度ecooアトリエにご来店くださいませ。

(只今LINEのビデオ通話や、ZOOMなどのWEB相談もご案内可能です。)

ご来店・WEB相談予約はこちらから。^^

新着コラム

Camera